上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

 クリスマスといえば、キリスト教の行事である。キリスト教の開祖、イエス・キリストの誕生日を祝い、教会で祈る日なのだが、地球・・・少なくとも、日本人にとっては騒ぐ口実である。
 そして、クリスマスにはもう一つイベントがある。サンタクロースである。赤い服と白いひげを携え、トナカイの引くそりに乗り、世界中の子供たちにプレゼントを配る存在である。これについては、色々と起源があるが、それは割愛。大切なのは、クリスマスとサンタの概念が、オラクルにあるということだ。オラクルの人間からしてみれば、クリスマスはサンタの来る日だということ。そして、そのサンタはMr.アンブラなのだが、それではいけないと、彼女は嘆く。折角、そのような素敵な行事があるのだ。活かさなければ。損というもの。
「というわけで、良い子の為に、頼むぞ。カモさん」
「・・・なんでワイ?」
 黒いサンタドレスを身に纏い、アストレアはプレゼント袋を背負う。
「地球では、トナカイがそりを引いているんだ」
「で、いつもシカと呼ばれてるワイに頼むの?ワイはシカやけど、トナカイちゃうで?」
「あぁ、それについてはだな・・・」
 ポケットから、端末を取り出し、アストレアはGAZ-2nd・・・もとい、カモシカに提示する。

トナカイ 哺乳綱鯨偶蹄目シカ科トナカイ属の1種

シカ科

「ちょ、待って。まさか・・・」
「そういうことだ」
「おかしない!?」
 地球に来る前からトナカイという生物を模したスーツがあったのは気になるが、この際は些細な問題。この種別名から察するに、トナカイは広義的に見ればシカの一種である。つまりアストレアは、カモシカ(シカ)をトナカイの代わりにしようというのだ。しかも、カモシカはキャストである。トナカイにしてはごつすぎる。
「なんでなん!?というか、アホちゃう!?」
「いや、雰囲気出そうと思って・・・」
「せやかて、ワイ=シカが通じるのはチームの人だけやで!?いや、正確にはカモシカやけど」
「・・・しまった、トナカイを探すのに必死だったばかりに」
 アストレアは自分の愚かさを咎めるように、頭を手で押さえる。
「いや、すまない。目先のことに集中すると、どうにも周りが見えなくてな・・・」
「それ以前の問題なんやけど・・・」
「だが、それなら対策は打てる」
 そういうと、アストレアはビジフォンへ駆け寄り、何かの操作をする。やはり、努力の方向を間違えているのだが、それを触れる前に操作を終えてしまった。そうして持ち出したのは・・・
「これだ」
「トナカイスーツ。なるほど、それなら問題解決やな・・・ワイである必要なくない!?」
 どこか子供受けしそうな顔のデザインと、出ベソ。トナカイだというに二足歩行で明らかにでかい。完全に、ネタとして遊ばれるスーツだった。ちなみに、このスーツ。やはりネタにされているが、かなり長く愛されている。
「別に、ワイでなくとも、風さんに頼めば・・・」
「あぁ、それはだな。頼んだのだが・・・」

「下らない。それより、プレゼントの中にちくわが無いぞ。どういう了見だ」

「と、一蹴されてな・・・」
「壊れる方向が間違ってる・・・」
「他の人には、まだ頼んでないが、頼む!こんなことが頼めるのはカモさんしかいないんだ!」
「えぇ・・・」
 カモシカから言わせてみれば、嫌である。トナカイスーツを着ていても、何かの拍子でバレるとも分からない。何より、ただ着るだけより恥ずかしい。
 だが、頼んでいるのはアストレアである。真面目で誠実なアストレアである。彼女が頼みごとをするのだ。「見返りが無いはずがない」。
「・・・ええけど、一つ条件がある」
「ッ!なんだ!私に出来ることなら言ってくれ!」
「ワイにも、プレゼントをくれんか?」
「そ、それでいいのか?」
「ええで。それで引き受ける」
「そうか・・・ありがとう!ありがとう、カモさん!さぁ、これを着て!」
「やっぱりスーツ着るんか!」
「それで、プレゼントのリクエストは・・・」
「あぁ~それは後でかまへん?」
「あぁ、構わない」
 リクエストは、今は言わない。ほしいものが多すぎるのだ。流石に、リクエスト全部貰うというのは欲張りというもの。何より、それは不可能である。一体、いくらかかるか分からない。だから、ほしいものを決めるまでの期間を設けた。
―――そういえば、なんでサンタなんてやろうと思ったんやろ?
 聞けば良かった。だが、それは何故か出来なかった。
 恥ずかしい?
 違う。
 興味がない?
 違う。
 本当に、何故か聞けなかったのだ。何か、眼に見えないものを感じた。強いて言えば、それだけだった。
「黒いドレスだが、知ったことか!サンタは希望を送る存在だ!ブラックサンタ!出撃だ!」
「うおおおおお鹿パワー全開いいいいいいいいい!!!!」
 アストレアがそりに乗り、カモシカがそりを引く。オラクル世界内時間で12月25日。第七アークスシップ、ギョーフの夜に、サンタが闊歩する。








「それにしても、飛ばないんやな・・・」
「それを言わないでくれ・・・トナカイが引く以上、不可能なんだ・・・」
スポンサーサイト
  1. 暇つぶし
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

注意!これに登場するキャラクターは中の人ではなく、設定や性格を元に私の頭の中で組み上げられたキャラクターをしています!「はぁ!?俺のキャラこんなじゃねぇよ!」とか、「私のキャラ勝手に使わないでよ!」って人は俺に申してください!直ちに直します!

アークス。それは、宇宙をかける船団オラクルで組織された、惑星調査隊だ。アークスには、一つのシステムがある。それは、チームシステムだ。チームに所属することにより、チームツリーを主として、システムの恩恵を受ける事ができる。精鋭で構成されたチームも存在すれば、「俺たちのような」新人、プロを問わないチームも存在する。俺、風鳴は今、ソメイヨシノというチームに所属している。ソメイヨシノは、チームらしいチームをコンセプトに組織されている。何もない時は、互いに会話で楽しんだり、いざ、仕事となると協力し、良い結果を出す。実績もあり、チームランキングで5位に入賞したことがある。奴にとっては、まさにピッタリなチームだろう。
「お!おお!これが餅つきというものか!なかなか!楽しいな!」
あいつはアストレア。俺と同じ、ソメイヨシノに所属している。今は同じメンバーのちゃぼの元で餅つきをしている
「これね。掛け声を出しながらやると、もっと旨くできるよ」
「なに!?そうなのか!?こ、こうか!?よいしょ!えいしょ!」
「違う違う!こうだよ!ラッピー!ラッピー!」
「ラッピー!?真面目にやってるのか!?」
「真面目だよ?ねぇ?風さん」
「知らん...俺に聞くな。そもそも、用事があって俺を呼んだんだろう?」
「僕じゃないけどね。レイさんが」
「レイが?」
ソファに座っている赤髪の男が俺を手招きする。結城レイ。このチームのマネージャーもやっており、その地位恥じない実力者だ。一人を除き、血は繋がっていないが、家族がいる。
「何の用だ?」
「あぁ。実はな、この前、金に余裕があるからと、皆で外食に行こうって話をしてたんだ。そしたらな、見事なまでに意見が別れて...俺は焼肉を食いたいんだ。でも、ルカはフレンチ。リリィは電気とか言うし...まぁ、キャストだから仕方ないとして。エネは和食。サクラなんかお前、フォトンだぞ!いくら半分ダーカーだからってフォトンはねぇよ!」
「嘘だろ」
「まぁ、嘘だが...笑えなかったか?」
「俺は笑わないんだ。笑顔なんて必要ない」
「でだ。サクラはスイーツが食べたいって言ってるんだ。当然、誰も引くわけがないし、そのまま、喧嘩してな...どうにかならないか?」
「...それをなぜ俺に聞く」
「お前とは、絡みが多いだろ?それなら、相談しやすいと思ってな...」
「俺以外にもいるだろ?あそこにいるちゃぼやフェルナンド、こざととか、他にも。まぁ、聞かれたからには、相談に乗ってやる」
「おお、悪いな」
「はっきり言ってだな...バイキングにでも行けばいいんじゃないか?」
「...それだ!なぜそれに気付かなかったんだ!ありがとう!おかけで解決しそうだ!じゃあな!」
「...忙しない奴だ」
「ぐお!餅が体に!」
「うわ!風さん助けて!」
「こいつらもだな...」

「まさか餅があそこまで伸びるとは思わなかった」
「少しは限度を覚えろ」
「ははは、悪かったな。ん?あれは...」
ロビーのハンスのいるところで、見覚えのある人影がぴょんぴょん跳ねている。
「デクとフジうさ。何をしている」
「あ、風きゅん!やっほー!ニロとだよ!」
ちなみにニロととは、フジうさの本名だ。では、何故、フジうさと名乗っているかというと。可愛い名前だからだそうだ
「あのね!私、すごいことを見つけたの!」
「すごいこと?」
「うん。うさちゃんが教えてくれたの。それで、結構、不思議な体験ができて面白いの」
「論より証拠!百見は一聞にしかずだよ!」
「(逆だ...)」
そういうと、大きな窓に向かって、ぴょんと跳ねた。すると、驚くことに、窓をすり抜けたのだ
「「!?」」
そして、何事もなく戻ってきた
「ね?すごいでしょ?」
「す、凄いなんて問題じゃないぞ!?生身で宇宙空間に出て大丈夫なのか!?」
「大丈夫だよ。フォトンがあればアークスは不死身なのだ」
「だが、壁をすり抜けるなんて物理現象を無視した芸当ができるとは思えないな...」
「なんだか、壁をすり抜けるって、不思議な感じがしない?」
「デクよ...私はビックリして不思議な気分だよ...」
「あまり、危ないことはするなよ?それで、六芒に怒られるのはマネージャーとマスターなんだからな?」
「あれれー?風きゅんのことだから、「他人がどうなろうと、俺の知ったことではないキリッ」とか言いそうだけどなー」
「面倒ごとが嫌いなだけだ」
「ふーん」
「風鳴、そろそろ任務に行こう」
「あぁ。そうだな」
「じゃあねー!」
「それじゃ」


登場メンバー(敬称略)
風鳴(俺)
れいれい
ちゃぼ
デク
ニロと

  1. 暇つぶし
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

終わらない戦いを続けてる気がする。何度も。何度も。何度も。時間が無限にあるのではないかと思うほど。同じ場所で死に。同じ場所で目覚める。シナリオ通りの展開。シナリオ通りの結末。一字一句とて間違いのない台詞。なんなんだこれは。なんなんだこの地獄は。誰か止めてくれ。誰か助けてくれ。誰か...俺を殺してくれ


「...鳴...風鳴!」
「...ん...ここは...」
「どうしたんだお前?急に倒れて、正直、不安だったぞ」
「アストレアか...俺が倒れた?」
「あぁ。壊世区域から帰還した直後だ」
「壊世区域...あぁ、そうか。そういえば...そうだな」
「おい、大丈夫か?」
「あぁ、問題無い...お前は、戻って、何も感じなかったのか?」
「あぁ...何かあったのか?」
「いや...何もない...」
あれは...ただの夢だったのか?ならいいが...
「ん?そこにいるのは誰だ?」
「あぁ、私と一緒にお前を運んでくれた人だ。名は、フウヤだ」
フウヤと呼ばれたそいつはお辞儀をした。なぜ、喋らない?
「すまないな。無関係なお前を巻き込んで。俺はもう行く。じゃあな」
「もうか?もう少し休んでからでも...」
「気になることがある。それに、もう大丈夫だ」
「あ、おい...私もついて行かなくては...それじゃ、フウヤ。助かったよ」

俺はショップルームに来ていた。ある人物に会いにだ。
「シャオ。聞きたいことがある」
「珍しいね。君が僕に聞きたいことなんて」
「壊世区域で...変な夢を見た」
「へぇ?どんな?」
「あまりにも、現実味のない話だが...まるで、世界が繰り返されてるような夢だ。この世界が、そっくりそのまま...」
「...」
「それで、俺は思っだんだ。何かしらの存在が、この世界を繰り返してるんじゃないかって」
「...悪いけど、信じられないな。それは君の気のせいとも言える。なにより、証拠が曖昧だ。それじゃあ、作り話と何ら変わりないよ」
「...そうだな。すまない。変な話に突き合わせた」
「いや、いいよ。ちょっと気にはなるしね」







書いといて訳わかんなくなった...まだ続くよ
  1. 暇つぶし
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

さて、今回はネタに走らず、真面目にやりましょう。最近良く見ますね。エンドアトラクト。いやー強いですねあれ。惚れ惚れしますわ。しかしですね






使う相手は選びましょう
マガツに行くとエンドアトラクトを使う人を良く見かけますが、はっきり言ってマガツにエンドアトラクトは相性が悪いです。ここで、まず、エンドアトラクトについて確認しましょう。

エンドアトラクト 消費PP30 最大2段チャージ可能。
とてつもない威力の貫通弾を発射する。あたり判定は球状になっている。リーチはそこそこあるが遠距離には向かない。
エンドアトラクトの最大の特徴であるとてつもない威力の貫通弾。これは、多段ヒットします。最大5HITです。威力はサテライトカノンより、ほんの少し弱い程度。多段ヒットする貫通弾は体の大きい相手には有効です。ならばなぜ、マガツには相性が悪いのか。それは、マガツの弱点にあります。マガツの弱点部位は言うなれば板です。横にすると大きいですが縦にすると薄いです。その為、弱点から見て正面に撃っても1HIT。後はマガツの体を貫いていきます。弱点から平行に撃っても、ほかの部位に吸収される恐れがあります。
今更な話ですが、マガツに必要なのは2つ。ペロらないこと。DPSと継続火力を両立させることです。いくらDPSが高くてもそれを継続させなければ火力が下がってしまいます。継続させても火力が無いなら答えは同じです。これは、最早、当たり前過ぎて愚かな話ですが、倒れてしまうと、その間何もできません。それだけではなく、他の人の手を煩わせてしまいます。その結果、火力が下がります。ペロらないことはプレイヤー本人の技量ですが、火力はシステムの話です。エンドアトラクトはそれをクリアしてないと言えるでしょう。他のPAを使うかランチャーを使いましょう。
エンドアトラクトが有効なエネミーはエルダー(腕が一番)などの弱点が大きいエネミーです。これを踏まえて良いレンジャーライフを送りましょう。





さて、偉そうに書いてきましたが、僕も全てを知っているわけではありません。これらは全て、僕の考察です。そもそも、僕より上手く、賢いプレイヤーが書いていることでしょう。では、なぜ書いたのか?





人に教えるのって好きなんだもん仕方ないね

PSO2は僕らの知らない戦闘がまだ、あることでしょう。さらに、効率よく、敵を倒せるように、是非とも、考えてみて下さい



ていうか、攻略困難なボスとか出せよ。エルダーとルーサーも結局簡単だったし...もっと、血の滾る闘争をだな...
  1. 暇つぶし
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

あれは十年前だった。ダークファルスによるアークスシップ襲撃事件。俺はあいつと共にいた。
「はぁ...はぁ...クソっ!なんだってこんな時に...!」
「ねぇ...」
「心配すんな!俺がなんとかしてやる...」
そう言いつつ、俺は不安だった。ダーカーが来たら、俺はこいつを守れるのだろうか。武器はそこらへんで拾った銃剣。無いよりはマシだが、正直、こんなのがダーカーに通用するとは思えない。そもそも。俺はアークスじゃない。答えなんてもう既に出ていた。不可能だと。それでも、自分に出来ると言い聞かせたのは、単なる俺が安心するための狂言だった。
「はぁ...はぁ...っ!」
目の前の空間が黒いフォトンで包まれる。ダーカーだ。それも一体だけではなく、複数。
「クソ...やるしかねぇか...!」
この時点で、正常な判断力は俺には無かった。実際にダーカーが現れたことによるプレッシャーと恐怖で逃げるという考えは消し飛んでいた。
「うおおおお!」
俺はダーカーに斬りかかった。案外、弱いダーカーだったようで、すぐに倒せた
「(行ける!殺れるぞ!)」
銃モードと剣モードを素人なりに使い分け、ダーカーを倒していく。気付いたら、後一体だった。だが、その一体はほかの個体とは違う。さっきまでの奴は、まるで蜘蛛のようだったが、そいつは蜂のようだった。それも、かなり大きい
「あと...こいつだけ...」
銃モードで遠距離から攻撃しようと俺は考えた。だが、そいつは急に突進してきて、一気に距離を詰める
「速っ...!」
そして、ダーカーは爪で俺を切り裂いてくる。俺は間一髪よけられたが、右腕が斬られてしまった。
「ぐああああ!」
尋常ではない痛みが俺の動きを止める。ダーカーは止めを刺そうと俺に近づいてくる。
「く...クソ...」
ダーカーは爪を振りかぶる。死んだ。確かにそう思った。だが、いつまで経っても痛みは訪れない。即死か?そうも思ったが、それならば、右腕の痛みが消えない訳はなかった。
「どうした...なんで...!」
そこで俺は驚愕の光景を目にした。あいつが震えながら、銃剣を持っていた。恐らく、そいつでダーカーを撃ち、気をそらしたのだろう
「バカ!何やってんだ!逃げろよ!」
「ダメだよ!それじゃあ、あなたが死んじゃうでしょ!」
「俺のことなんか気にかけてる場合か!早く逃げろよ!」
「あなたを見捨てられるわけ無いでしょ!だってあなたは...私の大切な人なんだから...」
「...!」
やはり、ダーカーはあいつの方を向いている。爪をむきだしにし、羽を羽ばたかせ、目に赤い光を輝かせていた。
「おい...何する気だ...やめろ...やめろ!」
ダーカーは俺を攻撃したように急突進し、爪を振りかぶる。
「やめろぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」
ふと、あいつの姿が目に写った。何かを言っているようだった。俺はその言葉を聞き取れなかった。だが、何を言っているかはわかった
あなたは...幸せになって
瞬間。あいつの首が飛んだ
「...あ...嘘だ...こんなのって...ありかよ...なんでだ...ふざけんな...ふざけんなぁぁぁぁぁぁあ!!!!!!!」
俺が叫ぶと同時に、ダーカーは俺に向かって攻撃してきた。
あぁ。いっそのこと殺してくれ。あいつのいない世界なんて...いても意味が無いんだ。
だが、そのダーカーはなにかに貫かれ、消滅した。その直後、アークスが駆けつけてきた。
「大丈夫か!」
「ここら一体のダーカーは倒したな!生存者の救助を!」
「...おい」
「ん?ぐわっ!」
俺はそいつの胸ぐらを掴んだ。
「なんでもっと早く来れなかった!お前らが早く来てれば、あいつが...コトネが死ぬことはなかったんだぞ!」
「す、すまない...だが、我々もダーカーの攻撃にあい、その撃破に時間がかかってしまった!」
「...」
これ以上問い詰めても無駄だった。もう起きてしまったことは変えられない。ただ、虚しくなるだけだった
「...アークスも...ダーカーも...何もかも消えちまえばいい...こんな不公平な世界は...全部...!」
世界への復讐。それが俺の生きる理由になった






暇だから書いた。ちなみに即興
  1. 暇つぶし
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ヒロもとい風鳴

Author:ヒロもとい風鳴
僕の名前はヒロ。PSO2内では風鳴と呼ばれてる。まぁ、ゆっくりしていってよ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。