FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

終わらない戦いを続けてる気がする。何度も。何度も。何度も。時間が無限にあるのではないかと思うほど。同じ場所で死に。同じ場所で目覚める。シナリオ通りの展開。シナリオ通りの結末。一字一句とて間違いのない台詞。なんなんだこれは。なんなんだこの地獄は。誰か止めてくれ。誰か助けてくれ。誰か...俺を殺してくれ


「...鳴...風鳴!」
「...ん...ここは...」
「どうしたんだお前?急に倒れて、正直、不安だったぞ」
「アストレアか...俺が倒れた?」
「あぁ。壊世区域から帰還した直後だ」
「壊世区域...あぁ、そうか。そういえば...そうだな」
「おい、大丈夫か?」
「あぁ、問題無い...お前は、戻って、何も感じなかったのか?」
「あぁ...何かあったのか?」
「いや...何もない...」
あれは...ただの夢だったのか?ならいいが...
「ん?そこにいるのは誰だ?」
「あぁ、私と一緒にお前を運んでくれた人だ。名は、フウヤだ」
フウヤと呼ばれたそいつはお辞儀をした。なぜ、喋らない?
「すまないな。無関係なお前を巻き込んで。俺はもう行く。じゃあな」
「もうか?もう少し休んでからでも...」
「気になることがある。それに、もう大丈夫だ」
「あ、おい...私もついて行かなくては...それじゃ、フウヤ。助かったよ」

俺はショップルームに来ていた。ある人物に会いにだ。
「シャオ。聞きたいことがある」
「珍しいね。君が僕に聞きたいことなんて」
「壊世区域で...変な夢を見た」
「へぇ?どんな?」
「あまりにも、現実味のない話だが...まるで、世界が繰り返されてるような夢だ。この世界が、そっくりそのまま...」
「...」
「それで、俺は思っだんだ。何かしらの存在が、この世界を繰り返してるんじゃないかって」
「...悪いけど、信じられないな。それは君の気のせいとも言える。なにより、証拠が曖昧だ。それじゃあ、作り話と何ら変わりないよ」
「...そうだな。すまない。変な話に突き合わせた」
「いや、いいよ。ちょっと気にはなるしね」







書いといて訳わかんなくなった...まだ続くよ
スポンサーサイト

  1. 暇つぶし
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ヒロもとい風鳴

Author:ヒロもとい風鳴
僕の名前はヒロ。PSO2内では風鳴と呼ばれてる。まぁ、ゆっくりしていってよ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2018 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。