上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

注意!これに登場するキャラクターは中の人ではなく、設定や性格を元に私の頭の中で組み上げられたキャラクターをしています!「はぁ!?俺のキャラこんなじゃねぇよ!」とか、「私のキャラ勝手に使わないでよ!」って人は俺に申してください!直ちに直します!

アークス。それは、宇宙をかける船団オラクルで組織された、惑星調査隊だ。アークスには、一つのシステムがある。それは、チームシステムだ。チームに所属することにより、チームツリーを主として、システムの恩恵を受ける事ができる。精鋭で構成されたチームも存在すれば、「俺たちのような」新人、プロを問わないチームも存在する。俺、風鳴は今、ソメイヨシノというチームに所属している。ソメイヨシノは、チームらしいチームをコンセプトに組織されている。何もない時は、互いに会話で楽しんだり、いざ、仕事となると協力し、良い結果を出す。実績もあり、チームランキングで5位に入賞したことがある。奴にとっては、まさにピッタリなチームだろう。
「お!おお!これが餅つきというものか!なかなか!楽しいな!」
あいつはアストレア。俺と同じ、ソメイヨシノに所属している。今は同じメンバーのちゃぼの元で餅つきをしている
「これね。掛け声を出しながらやると、もっと旨くできるよ」
「なに!?そうなのか!?こ、こうか!?よいしょ!えいしょ!」
「違う違う!こうだよ!ラッピー!ラッピー!」
「ラッピー!?真面目にやってるのか!?」
「真面目だよ?ねぇ?風さん」
「知らん...俺に聞くな。そもそも、用事があって俺を呼んだんだろう?」
「僕じゃないけどね。レイさんが」
「レイが?」
ソファに座っている赤髪の男が俺を手招きする。結城レイ。このチームのマネージャーもやっており、その地位恥じない実力者だ。一人を除き、血は繋がっていないが、家族がいる。
「何の用だ?」
「あぁ。実はな、この前、金に余裕があるからと、皆で外食に行こうって話をしてたんだ。そしたらな、見事なまでに意見が別れて...俺は焼肉を食いたいんだ。でも、ルカはフレンチ。リリィは電気とか言うし...まぁ、キャストだから仕方ないとして。エネは和食。サクラなんかお前、フォトンだぞ!いくら半分ダーカーだからってフォトンはねぇよ!」
「嘘だろ」
「まぁ、嘘だが...笑えなかったか?」
「俺は笑わないんだ。笑顔なんて必要ない」
「でだ。サクラはスイーツが食べたいって言ってるんだ。当然、誰も引くわけがないし、そのまま、喧嘩してな...どうにかならないか?」
「...それをなぜ俺に聞く」
「お前とは、絡みが多いだろ?それなら、相談しやすいと思ってな...」
「俺以外にもいるだろ?あそこにいるちゃぼやフェルナンド、こざととか、他にも。まぁ、聞かれたからには、相談に乗ってやる」
「おお、悪いな」
「はっきり言ってだな...バイキングにでも行けばいいんじゃないか?」
「...それだ!なぜそれに気付かなかったんだ!ありがとう!おかけで解決しそうだ!じゃあな!」
「...忙しない奴だ」
「ぐお!餅が体に!」
「うわ!風さん助けて!」
「こいつらもだな...」

「まさか餅があそこまで伸びるとは思わなかった」
「少しは限度を覚えろ」
「ははは、悪かったな。ん?あれは...」
ロビーのハンスのいるところで、見覚えのある人影がぴょんぴょん跳ねている。
「デクとフジうさ。何をしている」
「あ、風きゅん!やっほー!ニロとだよ!」
ちなみにニロととは、フジうさの本名だ。では、何故、フジうさと名乗っているかというと。可愛い名前だからだそうだ
「あのね!私、すごいことを見つけたの!」
「すごいこと?」
「うん。うさちゃんが教えてくれたの。それで、結構、不思議な体験ができて面白いの」
「論より証拠!百見は一聞にしかずだよ!」
「(逆だ...)」
そういうと、大きな窓に向かって、ぴょんと跳ねた。すると、驚くことに、窓をすり抜けたのだ
「「!?」」
そして、何事もなく戻ってきた
「ね?すごいでしょ?」
「す、凄いなんて問題じゃないぞ!?生身で宇宙空間に出て大丈夫なのか!?」
「大丈夫だよ。フォトンがあればアークスは不死身なのだ」
「だが、壁をすり抜けるなんて物理現象を無視した芸当ができるとは思えないな...」
「なんだか、壁をすり抜けるって、不思議な感じがしない?」
「デクよ...私はビックリして不思議な気分だよ...」
「あまり、危ないことはするなよ?それで、六芒に怒られるのはマネージャーとマスターなんだからな?」
「あれれー?風きゅんのことだから、「他人がどうなろうと、俺の知ったことではないキリッ」とか言いそうだけどなー」
「面倒ごとが嫌いなだけだ」
「ふーん」
「風鳴、そろそろ任務に行こう」
「あぁ。そうだな」
「じゃあねー!」
「それじゃ」


登場メンバー(敬称略)
風鳴(俺)
れいれい
ちゃぼ
デク
ニロと
スポンサーサイト

  1. 暇つぶし
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

  1. 2015/12/23(水) 06:21:01 |
  2. URL |
  3. デク
  4. [ edit ]
なんか自分のキャラがしゃべってるって新鮮ねw
チームキャラクターでこのシリーズをやるのはどうかしら(・∀・)

  1. 2015/12/23(水) 11:57:52 |
  2. URL |
  3. れいれい
  4. [ edit ]
すげー笑ったww
なんか自分のキャラのこと自分より理解してる感がはんぱないw
リリィさん食べたいもの電気ww この発想いずれなにかの機会で自分のブログにも反映させようb

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ヒロもとい風鳴

Author:ヒロもとい風鳴
僕の名前はヒロ。PSO2内では風鳴と呼ばれてる。まぁ、ゆっくりしていってよ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。