上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

タイトルにもあるように、今回は風鳴が一切登場しません
風鳴「しょうなのぉ!?」


事件が起きたのは、事件発覚からおよそ3時間前である。
「ゲートオブ...ブッダ!」
ある一人のアークスがそう唱えると、その空間の至るところから仏像が現れ、あっという間に、仏像で埋め尽くされてしまう。
「(ΦωΦ)フフフ…」

「今日も私はロコドール〜(ローカルアイドルの略)♪それでもお客は来てくれる〜♪け〜どい〜つか~♪クーナに勝って...ぎゃあああああああ!!!」
かの有名なアイドル。クーナにそっくりな彼女だが実際は全くの別人。彼女の名はシア。ソメイヨシノのアイドルであり、今回の事件の被害者である。彼女はマイルームに入った途端に、部屋を埋め尽くす仏像に驚き、勢いで、チームルームに飛んでしまったのだ。

「ああああああああああああ!!!!!!」
「うわああああああああああああ!!!???」
たまたま、チームルームのバーにて飲んでいたアコンが驚き、飲もうとしようとしていたグラスを傾けすぎ、自分の太ももへこぼす。
「私の一張羅があああああああああああ!!!!!!」
『マスターから教わりました。こういう状況を「カオス」と言うのだと』
フォトンツリーの真下にいたエヴァが、状況を分析する。
「うぅ...私の服が...」
『乾かしましょうか?』
「あぁ...助かる...って、バーナーじゃないか!やめろ!アッッッッツ!!!」
『すいません。マスターから人には優しくしろと教えられたのですが、私にはこれしかできません』
「あ、あぁ...その気持ちだけでも貰っておくよ...」
気持ちを整えるため、アコンはもう一杯、グラスに酒を注ぎ、それを飲む。
「ふぅ...で、どうしたんだ?シア」
「そ、それが、部屋に入ったら金色のマガツが...あ、間違えた。ブッダが...」
「え?どういう事だ?」
『一つずつ、情報を明確にしていきましょう。まず、部屋とはマイルームのことでしょうか?』
「う、うん...」
『分かりました。次に、金色のマガツ...もとい、ブッダとは、ハルコタンの仏像のことではないでしょうか?』
「おぉ、鋭いな」
『そこから察するに、シア様は恐らく、部屋テロに合われたのでしょう』
部屋テロとは、特定のルームグッズをフレンドやチームメンバーの部屋に所狭しとばかりに置く、イタズラである。ちなみに、置かれたルームグッズの所有権は部屋主にあるので、あまり高いものを置くと仕返しとばかりに売られる恐れがある。
「じゃあ、誰なんだろう...」
「まぁ、いいじゃないか。ちょっとしたイタズラじゃないか」
『...どうしてもと言うのであれば、調べることも出来ますが』
「本当!?」
『はい。私は、戦闘、潜入、調査など、様々な局面に対応できます』
「お願い!」

シアに頼まれるがままに、マイルームの調査に来たエヴァ一行。シアは相変わらずの仏像に少々怯えている。
「こ、これは...シアじゃなくても応えるな...」
『マイルームの端末にアクセスし、入室記録を見てみましょう。アコン様。ケーブルを』
「あぁ」
アコンはエヴァに頼まれていたケーブルを渡す。渡されたエヴァは、脊髄辺りにある、コンセントに挿し、もう片方のケーブルを端末に挿す。
『シア様。最後より一つ前にマイルームの入室したのはいつですか?』
「え?コンビニでライブする前だから...四時間前かな?ライブが終わったあとは、ソメイヨシノの皆とガ・ストに行って...」
『その時は、異常はありませんでしたか?』
「うん...」
『では、その四時間の間に入室した誰かが犯人ですね』
入室記録の中にある名前は見知らぬ名前もあったが、その中で一つだけ、知っている名前があった。
「declination...デクさん!」
「あいつか!?意外だな...」
『あくまで暫定的ですが、恐らくはデク様が犯人かと』
「ありがとう!エヴァさん!私、問いただしてくる!」
うおおおおおおお!!!と、勇んで叫び、シアはデクの元へ向かう。取り残されたアコンはその場で立ち尽くしていた。
「...私、必要だったか?」
『申し訳ありませんが、分かりかねます』
「...そうか」

そして翌日
「ああああああああああああ!!!!!!」
「うわああああああああああああ!!!???」
突如としてチームルームに入ってきたアストレアにレイが驚き、盛大にグラスを落とす。ズボンがびしょ濡れになった上に、グラスが小指のつま先にあたり、精神的大ダメージを負う。
「つめ...いったッ!!??」
『アストレア様。どうされました?』
またしても、フォトンツリーの真下にいたエヴァが、問いかける。
「わ、私の部屋に大量の鎧が...ナベリウスパパガイが「アストレアたんペロペロ」と叫んで...うわあああ...」
「あ、あのアストレアが、生まれたてのガルフのようだ...」
『歴史は繰り返す...ですね』








風鳴「え、マジで出番無し?」
スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / comment:1
  3. [ edit ]

  1. 2016/05/04(水) 18:03:03 |
  2. URL |
  3. デク
  4. [ edit ]
意外・・・!それは私が犯人・・・!
ブログ更新するのサボってるから皆の見るの忘れていました(m´・ω・`)m
今度風さんの部屋に詫びの仏像置いときますねb

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ヒロもとい風鳴

Author:ヒロもとい風鳴
僕の名前はヒロ。PSO2内では風鳴と呼ばれてる。まぁ、ゆっくりしていってよ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。